酒のマルミ|日本酒専門通販1,500種類以上お取り扱い|マルミ北栄商店

out

酒のマルミ|日本酒|地酒|本格焼酎専門通販1,500種類以上お取り扱い

TEL 011-753-0855

営業時間 月〜土 10:00〜20:00
日祝 11:00〜19:00

外観写真

創業五十五年の北海道の老舗酒店

日本全国の日本酒・焼酎・ワイン
千五百種類以上取り扱っております。
 

末廣「亀の尾」純米大吟醸 1800ml

独自商品コード 190
発行ポイント 0ポイント
希望小売価格
販売価格

5,500(税込)



購入数

在庫切れ

商品画像について
掲載している商品の画像ですが、実際の商品とラベルデザイン等が異なる場合がございます。予めご了承ください。

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。

製造元 末廣酒造株式会社
原産地 岩手
商品特殊表示
在庫状況

【商品説明】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
明治末期から伝承される末廣の嘉儀式山廃造り。

明治末期に山廃造りを創始した嘉儀金一郎氏が、大正初期に試験醸造したのが末廣酒造嘉永蔵。当時から伝承される末廣の嘉儀式山廃造り。酸味と甘味が入り混じるバランス良い山廃純米酒です。

【スペック】
使用米/国産米
精米歩合/60%
日本酒度/-0.5 - +0.5
酸度/1.4 - 1.7
アミノ酸度/1.2 - 1.4
アルコール度数/15 - 16度
瓶詰タイプ/火入れ
保管場所/冷暗所・冷蔵庫

飲用温度

氷温

0度位

冷やして

5 - 10度

常温

10 - 30度

ぬる燗

30 - 45度

上燗

45 - 50度

あつ燗

50 - 55度


 


【蔵元説明】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【受け継がれる魂】

江戸年間の嘉永三年(1850)の創業。以来150年以上に及ぶ長きにわたって鬼瓦に守られている嘉永蔵には、酒の神様が棲み、会津杜氏の匠、蔵人の情熱が息づいている。そして21世紀、時代の流れとともに嘉永蔵の想いは博士蔵へと成長。昔ながらの完全なる手造りと最新鋭テクノロジーの共存により、末廣酒造の酒造りも大きく進化を遂げた。しかし、酒造家としての想いは一つ。会津の水、会津の米、そして会津の人々で造りあげる正真正銘の地酒。昔からずっと、は、これからもずっと……なのである。心に染みる旨い酒造りは止まることを知らない。末廣酒造は伝承と進化とともに会津で歩み続けるのである。

【風土の酒】
原点は地酒にあり。会津に生まれ育った大地の恵みと、酒蔵に伝承される匠の技が融合して初めて、本物の酒は醸し出される。末廣酒造の哲学であり、美学である。そして末廣酒造が願うのは、ただ「旨い酒」を造りたいというシンプルにして深い心意気なのである。

末廣酒造には「旨い酒」造りのために自ら課している「地酒三か条」がある。
一、天然の旨い仕込み水
二、伝承される会津杜氏の匠
三、仕込み水と同じ水、仕込み水が湧く大地に育つ酒米どんなに時代のニーズが移ろうとも、未来永劫愛される普遍の旨さをつむぐ末廣酒造。地酒三か条を頑固なまでに守り続ける酒造家魂こそが、会津に末廣の酒あり、と言わしめている由縁である。

【仕込み水】
旨い酒造りに欠かせない一つが上質な天然水だ。末廣酒造の二つの蔵には、大地の恵みである清冽な天然水が地下に脈々と流れている。枯れることのない豊富な仕込み水。酒蔵としてこの上ない天賦を与えられているのである。

【嘉永蔵】
背あぶり山からの水脈。石灰岩を抜けてくるため、きめ細かく、やわらかな水質を誇る。現在嘉永蔵には5つの井戸から、今なお地下水が湧き出している。

【蔵元】
末廣酒造株式会社
所在地:〒965-0861 福島県会津若松市日新町12-38
電話 :0242-27-0002
https://www.sake-suehiro.jp/

この商品をチェックした人が見ている商品

$nbsp; $nbsp;

お買い物の流れ

  • STEP1

    商品をカートに入れる

    お気に入りの商品を
    カートに入れます。

  • STEP2

    レジへ進む

    カート画面で
    商品と金額を確認し
    カートに入れます。

  • STEP3

    お客様情報を入力

    ご住所・連絡先など
    お買い物に必要な
    情報を入力します。

  • STEP4

    お支払い方法の選択

    ご希望の決済方法を
    お選び下さい。

  • STEP5

    内容を確認し完了

    ご注文内容を再確認し、
    お手続きを完了します。

  • STEP6

    商品の発送

    ご注文の商品を発送します。商品の到着をお待ち下さい。